プライベートの旅行や子供の学校行事などで撮影した写真を残す方法はいくつかありますが、どの媒体を使うかによって手順が異なります。今回ご紹介するのは媒体によって異なる写真の残し方やメリット、デメリットについてです。

パソコンによる写真保存

デジタルカメラなどで撮影した写真を残すいくつかの方法の中でも比較的多くの人が利用すると言われているのがパソコンです。そこで今回は、パソコンを使って写真を残すメリットやデメリット、正しい手順について解説していきます。

パソコンによる写真保存の手順

カメラ付きの携帯やスマホが普及したことで、多くの方が写真を撮る機会が増えたのではないでしょうか。撮った写真の保存にはいくつかの方法があります。プリントして形に残す方法は、昔からある方法でアルバムに…

パソコンによる写真保存のメリット

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真データは、どのように保存するのかも決めておきたいところです。手軽に保管する方法ではパソコンに保管する方法があります。パソコンは容量も大きいので、大量の写…

パソコンによる写真保存のデメリット

昔は写真を残す方法では、フィルムから写真を現像し、アルバムに貼ることが一般的でした。ネガも保存しておけば、焼き増しもできます。現在では、フィルムカメラでの撮影はかなり減っており、デジタルカメラやス…

携帯電話の写真保存

時代の移り変わりの中で増えているのが写真撮影にデジタルカメラではな携帯電話を使ったデータ保存です。そこで今回は、携帯電話を使って写真を残す利点や注意点を紹介すると共に保存する手順について解説していきます。

携帯電話の写真保存の手順

旅行や家族との思い出の1枚を携帯電話で撮影する人が増えています。携帯電話で写真撮影をする大きなメリットの一つが手軽さです。従来のカメラのように撮影後に専門店に現像に出す手間がなく、撮影したデータを…

携帯電話の写真保存のメリット

写真を撮るときに、特別カメラを用意しなくても、携帯電話で撮影ができるので、日常的によく利用している方も多いのではないでしょうか。撮影した後どうしているか考えたことがある方は少ないはずです。なぜなら…

携帯電話の写真保存のデメリット

故障によってデータを失うリスクがある

携帯電話に写真を保存している場合はデータを失ってしまうリスクがあることを覚えておいた方がいいでしょう。携帯電話に何の不具合もない状態であれば、データを破損してしまうケースやデータを失ってしまうケースは少ないと言えます。しかし、何かのタイミングで携帯電話を落としてしまう可能性もあります。携帯電話を落としてしまった影響で携帯電話が故障してしまうと、保存していた写真は消えてしまうかもしれません。メーカーに修理に出す際に内部データを消去されることもあるので、そのような側面でもデータを失うリスクはあります。そのため携帯電話以外の場所にも写真を保存しておくことが重要です。USBやクラウドサービスに保存しておくのもバックアップとして効果的だと考えられます。

買い替えのタイミングでデータを移行できない可能性がある

携帯電話にも寿命があるので、どこかのタイミングで買い替えを行うことになるでしょう。その買い替えのタイミングで今の携帯電話に保存されている写真データが次の携帯電話に移行できない可能性があります。データが移行できなければ、新しい携帯電話で今までの写真を見ることはできません。このようなデメリットがあるので、携帯電話に写真を保存している人は別の保存方法も実践しておいた方がいいでしょう。何かにバックアップを取るか、一度プリントアウトしておくのも良いかもしれません。 携帯電話のSDカードに写真を保存している人もいるかもしれませんが、そのSDカードが新しい携帯電話で使えないリスクもあります。そのような事態を回避したい場合は携帯電話から別の機器にデータを移しておいた方が良いと言えます。